と思います

と思いますけれどもね。
セカンドは黒とか、前みたいな緑も良いけれどもね。で、先白を持っていれば次いで良しのにね。
それ、眼がちかちかしてしまったのもね。
いやはや、負荷が滞りますね。眼がくたびれるし、これってどうなのよ。ってね。
それでですけれども、浦和はまだ良いですよ。セカンドがイエローなんでね。鹿島又は札幌などの赤くさい組というやるときは、良いですけれども、オレンジ軍団のですけれども、清水、大宮、新潟といった講じるときは、赤もイエローも重なるので、どうするのかな?ってねどっちかのコントラストで無理矢理やるということになるのかな?は思われますけれどもね。
あとは、白では居残るのよね。白をサードでということになるのかな?といったね。
多分、とりわけ思っている現象ね。指揮変えてほしいってね。思いますね。先プレーヤーの入れ前もね。このままではどうにもならないしね。いいかげん、正面気づかないのかね?あきらめられては終わりですよ。ここ参考サイト

あれだけ自由に

いやはや、村田兆治の私情というか、確実というか、さぞかし相性はぴっちゃーというかんじでね。師匠がかねやんどうしてね・さぞかし僕核心という感じでね。
真実、自由ですけれどもね。
やりたい放題でね。67になってもあれだけ自由にやって、働けるそんな67年齢ってね。いないしね。今年もモルツの勝負でね。また投げ入れるのかな?といったね。
さすがに140隔たりはもうでないけど、還暦を超えて、きびきびでね。移れるのはね。そんな考え方生じるから、今も元気なんですよね。
いやあ、ああいう相性の投手を受けるキャッチャーは困難感じですよね。
拒否表れでね。放るのはね。あれだけ手早い真っ直ぐあって、怪獣みたいに落とせるフォークを投げるっていうのはね。困ったものですよね。
自分の感覚でね。投げるっていうのはね。キャッチャーが取れないだろ!っていうのはあるけれども、自分の感度でやり遂げるという典型ですけれどもね。けれども、楽しいけど。オススメはココ